急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん) | 大阪市此花区の「菊守耳鼻咽喉科」 花粉症ならアレルギー専門医に

急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)

2013.4.18

急性中耳炎とは

急性中耳炎は、子ども、特に乳幼児に多い耳の病気です。中耳の病気の中で最も起こりやすいものであり、1歳までに約50%、3歳までに約85%の小児が一度はかかり、7歳以降では激減します。急に耳が痛くなるのが特徴です。ある程度の年齢になれば、「耳が痛い」あるいは「耳が詰まったようで変だ」などと自分で訴えることができます。しかし、自分で症状が訴えられない幼い子どもの場合は、機嫌が悪くなる、耳を手で押さえるしぐさをする、耳を触るなど、子どもの様子をよく観察することで気づくことができます。多くはかぜを引いた後や、強く鼻をかんだことなどをきっかけにおこります。特に乳幼児の場合は50%以上がかぜに続いて発症します。時期では、秋から冬のかぜが多発する時期に一致して発症しやすいです。しかし、近年の低年齢からの集団保育施設への入園に伴い、入園直後から1~2カ月の間にも発症しやすく、また、この時期に発症した乳幼児の急性中耳炎は治りにくい傾向にあります。

アステラス製薬なるほど病気ガイド耳の構造

アステラス製薬 なるほど病気ガイド耳の構造

もともと中耳はウイルスや細菌がいない無菌の小さな部屋(鼓室:こしつ)です。そこに鼻から耳管(じかん)を通じてウイルスや細菌などの病原体が侵入して感染を起こすと、その感染によって炎症を起こして膿(うみ)がたまり、鼓膜が赤くなり腫れてしまいます。その結果、耳が痛くなったり、聞こえが悪くなったり、熱が出たりします。適切な治療を行えば、10日~2週間程度で治ります。

急性中耳炎が進行すると、鼓膜に穴が開き、耳だれが出ます。耳だれが出ると中耳の中の圧力が減り、痛みも軽くなります。炎症が治まると鼓膜の穴も自然に閉じますが、急性中耳炎を繰り返すと、穴が塞がらず残り、慢性中耳炎に移行することもあります。

 

<急性中耳炎の他の説明>

 

このページのトップへ移動

医療法人 寛友会 菊守耳鼻咽喉科
大阪府大阪市此花区四貫島1-9-10セントラルプラザ2F Tel:06-6462-8711 阪神なんば線「千鳥橋駅」から徒歩2分。 「四貫島二丁目」のバス停(市バス)すぐ。
受付時間
【午前の部】8:30~12:30
(※土曜日は8:30~13:30)
【午後の部】15:00~19:00
(※木曜日は16:00~20:00)
【休診日】土曜日午後、日曜日、祝祭日
お気に入りに登録する